【学部長メッセージ】
9月8日(火)に新入生交流イベントが開催されました。神学部の集会での学部長メッセージです。

 

神学部 新入生の皆さんへ

皆さん、こんにちは。神学部長の川中です。
今日は新入生歓迎プログラムに参加してくださってありがどうございます。
4月の入学以降はじめて、皆さんとようやくこうして対面で会うことができて、神学部一同心から喜んでいます。

さて、この新入生歓迎プログラムは、新入生の皆さんたちに対する大学側のささやかな誠意をしめす機会として実現しましたが、大学から皆さんへの連絡がぎりぎりとなったために、残念ながら、2020年度入学の神学部生の多くの人たちが参加することができませんでした。
コロナの感染症拡大以降、大学は懸命に知恵を絞り、全力を尽くしてきましたが、この新入生歓迎プログラムを含めて、コロナ以後の大学側の対応にはいろいろ問題があって、決してベストのものではありませんでした。そのことは皆さんに対して大変申し訳なく思っています。

ただ、今日皆さんにどうしてもお伝えしておきたいことは、たとえコロナがあっても、大学側の対応がどんなにまずくても、結局のところ問われるのは自分だということです。どのような状況にあっても、そこでどう活路を見いだしてゆくのかということは自分の責任で、すべては自分にかかっています。

現在のところ感染者数は緩やかな減少傾向にあるとはいえ、コロナの収束まではまだ当分時間がかかりそうですが、何があっても決してあきらめずに、今皆さん一人ひとりがおかれている状況の中で、自分の可能性をしぶとく粘り強く追求していってください。そして、いつかまたもとに戻る日までじっくりと力を蓄えてください。

これがわたしからの皆さんへのメッセージです。ありがとうございました。

2020年9月8日
神学部長 川中 仁

 

 

 

 


 

【神学部NEWS】

新カトリック大事典編纂室の活動

新カトリック大事典は2017年からオンライン版が刊行され、研究社オンライン辞書検索サービス(KOD)をとおしてアクセスできるようになりました(http://kod.kenkyusha.co.jp)
新カトリック大事典編纂室では常に最新の情報を提供できるよう、データのメンテナンス、補足・修正などの作業を継続しています
2020年4月から同編纂室は神学部に所属することとなりました
お問い合わせは神学部事務室または編纂室(03-3238-3598)にお願いいたします

 

What is new?